被せ物の質が起こす歯周病は治療が必要

歯の被せ物というのは、相当厳密に作られていますが、それは、被せ物の作りが甘いと、歯周病の原因になるためです。被せ物を原因とした歯周病の治療は、かなり厄介なものです。本来、詰め物や被せ物は、最初は噛み合わせが少しだけ高く作られており、それを口の中で、高さを正しいところまで調整して入れます。ところが、詰め物や被せ物がほんの少し噛み合わせが高いまま入ってしまうことがあります。これは、型取りしてから時間が空きすぎたり、技師が未熟だった場合によくあることです。こういう被せ物や詰め物でも、無理矢理入れることは可能で、患者さんも、「どうせすぐに慣れるから」と、そのまま過ごしてしまうことがあります。ところが、その歯や噛み合わせ側の歯が悪い刺激を受けて、結果、歯周病になることがあるのです。最初はその歯のあたりに違和感を覚えるぐらいなのですが、だんだん痛みが出てきたり、歯茎から出血することもあります。こうなると、早々に治療をしない限り、歯周病のような症状が続くわけです。ぐらついたり、周囲の歯まで痛みが出てくるようでは、もう、急いで治療を受けたほうがいいでしょう。治療方法としては、被せ物の代わりに、ブリッジ式の差し歯を入れるなどの方法があります。