BL漫画を描くなら

BL漫画が好きで、絵心にもある程度自信がある人なら、「よし、それなら自分でBL漫画を描いてみよう!」となるかもしれません。BL漫画とはいえ、テクニック的には普通の漫画と同じものなので、あまりそういう意味での問題はありません。気をつけるとしたら、顔の描きわけでしょうか。出てくるのが男性ばかりになるので、よくあるパターンとして、「登場人物の顔の違いがわかりにくい」ということがよくあるのです。髪の色などは、攻めと受けの主人公格で、明確に差をつけておきましょう。ガッチリ系とイケメン系、というような色分けがあると、途端に描きやすくなります。とはいえ難しいのはBL漫画の場合、読者のレベルが高すぎること。妄想力を高めていかないと、ストーリーで読者を満足させることがなかなかできないのです。何しろ普段から「エンピツが受けで消しゴムが攻め、というパターンもあり得るよな」とか言っているのが腐女子という存在です。ちょっとでも退屈と思われたら、例え無料配布であっても読んではくれません。普段から、ありとあらゆるもののボーイズラブを考え抜く。それがBL漫画でよい作品を描くためのコツとなるでしょう。また、それが好きでないとBL漫画は描けませんよ。